TEL 022-372-7656

「世代」について

2019年08月21日

 求人について相談していると、いろいろな人たちから「今の高校生はね・・・」と教えられます。
 それによると今の高校生を含む若い人一般の傾向は、いわゆるゆとり教育を受けた「ゆとり世代」であり、その特徴として以下の特徴があるそうです。
・打たれ弱い、ストレスに弱い。
・会社の仕事よりプライベートが大事、やりがいの無い安定した職場を求めている。
・安定志向で真面目である。

 ふーむ・・・。
 ゆとり教育で競争の少ない環境で育ったため頑張れない、叱られることに慣れていないということらしいのですが、なるほどとは思うものの、ではどうしたらいいのだろう。当社でも来春入社が内定した人がいます。入社した人には長く勤め会社の戦力になってほしいと思うので、どう接すればいいのか、教育指導すればいいのか、調べてみました。
 ある会社のホームページで、まとめたものを見つけました。

【ゆとり世代の新入社員、部下との付き合い方】
①「世代」で括らない
 「ゆとり世代だから○○ができない」と世代のせいにするのでなく、まずは新入社員や部下に歩み寄ってほしい。
②感情的に怒らない
 どなったり、私怨の混じった叱り方をしない。ゆとり世代が何かミスをした際には、業務に必要な指摘を端的に伝えるよう心がける。
③仕事の意義を明確に伝える
 ゆとり世代の新入社員は、自分にとって意義を感じない仕事をしているとモチベーションが下がったり、その仕事を避けようとする傾向がある。仕事を任せるときには、「仕事の目的、意義」を明確に伝える必要がある。
④失敗することの大切さを教える
 なんでもそつなくこなしてきた真面目な新入社員は【失敗】をあまり経験していないことがある。早い段階で「失敗することは恥ではない、大切なこと」ということを伝え理解してもらうことが大事だ。耳にタコができるくらい「失敗することは恥ずかしいことではない」と教え込んでほしい。
⑤精神論や自分の意見を押し付けない
ゆとり世代は良くも悪くも合理的な考え方をする人が多いとされている。精神論や自分の意見を押し付けずに、相手のアイデアを求めるなど相互コミュニケーションを図ってほしい。

 なあんだ、みんな会社として当たり前にやるべきことではないですか。「ゆとり世代」に限らず、普通に社員、部下に接すべき態度であって、心配して損した気分です。とはいえ、こうした基本的なことがやられていない会社があるから、または会社としてはそうした考えがあっても、個々の上司ができていないことがあるから、こうした注意点が取り上げられているのでしょう。当社でも、こうした誰に対しても当然やらなければならないことを、改めて確認しておかなければならないと思います。
 思い返してみれば、私が若い頃も父親のような戦前生まれの人たちからは「戦後教育を受けた連中は根性がない」とか「自己中心的だ」などと言われました。また、団塊の世代(私より10歳ほど上の先輩たち)からは「おれたちのころは同級生が多くて競争が激しかったものだ。お前たちの年代は競争も少なくのんびりしすぎている」と批判されたものでした。
 もっとも、古代バビロニアの粘土板に「今どきの若いものはなっていない、嘆かわしい時代になったものだ」と書いてあったそうです(ガセネタという説もありますが)。「ゆとり世代」の若者も、きっとまっとうに成長し、先輩たちと同じように次の世代に接していってくれるのでしょう。


ボーリングの面白さ

2019年06月24日

 三省堂の大辞林によるとボーリングとは、
① 穴をあけること。
② 地質調査や地下資源の採取などのために,地中深くに細い穴をほること。試錐

(しすい)。試鑽(しさん)。
 と書いてあります。


 ボーリングといっても深度はいろいろです。海洋開発研究機構の海洋掘削船【ち

きゅう】は、水深数千メートルの海底から3,000mも掘削しますし、石油などの資

源開発でも、3,000m~6,000mの掘削はざらです。また一方で、ハンドオーガーの

ように人力で2~3m掘っておしまいという浅いものまであります。ちなみに最も深

く掘削したボーリングは、ロシアのコラ半島で地殻深部を調べる科学プロジェクト

として旧ソビエト連邦のチームが掘削した12,262mです。

 当社はボーリングを仕事にしていますが、入社したての人に仕事をしていて何が面

白いのか聞くと、よく「いろいろなところに行けて楽しい」というような返事が返

ってきます。実をいうと私も仕事を始めたばかりのころは全く同じでした。全国のい

ろいろな場所に呼ばれるので、観光で行くわけではありませんが、初めての土地

の風景やその地方それぞれの方言、文化に接することは、新鮮な感動がありました

そこからだんだんに仕事に慣れ、おぼえてくるとボーリング独特の面白さが感じら

れてきます。ボーリングの深度はさまざまだと書きましたが、共通しているのは目

に見えない地下を相手にしているということです。この「目に見えない」というこ

とが、ボーリングの面白さの根底にある、と感じています。
 当社のボーリングは土木工事、建築工事のための調査が主ですので、深度は概ね

300m~400m程度までで、地下の土や岩盤をなるべく地下にある状態に近いままで

採取することと、その孔を使った原位置試験をすることを主な目的としています。

この「地下にある状態に近いままで」ということがくせもので、経験と技術を要す

る仕事なのです。

 地面の下は本当に複雑にできています。数万年から数億年という長い年月で堆積

した土や岩盤が地球の力によって、くっついたり離れたり、折れ曲がったりずれた

り、さらにはその上に火山からの噴出物が重なったり、下からマグマが入ってきた

りと、実に様々な岩石から構成されています。したがって、ボーリングをするとき

には、その土や岩盤にあった道具(ツールスといいます)をとっかえひっかえ組み

合わせて掘削する必要があります。
 ここで問題になるのが、次にどんな岩石が出て来るのかわかっていればそれに合

わせたツールスの組み合わせを準備できるのですが、目に見えないためにわからな

いということです。土や岩盤の状態に合わないツールスや掘削水(泥水といいます

)を使用して掘削すると、採取した土や岩盤が乱れたり、採取できないということ

が起こり「地下にある状態に近いままで」採取するという目的を達成できないこと

になります。また、そうした掘削孔では、正確な原位置試験ができないことがあり

ます。
 では、どうやって地下の状態を知るのか?
アナログな方法ですが、ボーリングマシンとポンプの圧力ゲージの変化、エンジン

音、振動、掘削速度の変化といった地上のパラメーターの変化から土や岩盤の変化

を読み取ることで行います。しかし、そうしたパラメーターの変化の原因は一つで

はありません。水圧が上昇した、といっても、岩盤が軟質になったのか、掘削によ

って発生した細粒土が増えたのか、崩壊しているのか、ツールスが詰まったのかな

どなど様々な原因が考えられます。これらのパラメーターの変化を組み合わせ、地

下と孔の状態を推理しながら掘削していきます。
 この推理が正しければ、きれいなコア(棒状に採取した土や岩のサンプル)が採

取できるし、間違っていれば採取できないとなります(偶然取れてきた、というこ

ともあります)。ボーリングオペレーターは、見えない地下の土や岩盤と常に対話

しながら掘削しているといってもいいかもしれません。当社社員の畠山が「ボーリ

ングマイスター(匠)東北」に認定されたことをお知らせしましたが、ボーリング

マイスターは、この推理の名人といえるでしょう。
 人工的な均質なもの(たとえばコンクリート)を掘削するのであれば、こんな苦

労はありません。複雑な自然を相手にしているからこその苦労なのですが、苦労し

て良質なコアを採取し、目的を達成した時の満足感は何とも言い難いものがありま

す。
 ボーリングオペレーターは、職人でもあり技術者でもあります。マイスター兼エ

ンジニアですね。泥んこで真っ黒になって作業していて何が面白いんだろう、とは

たから見ると思われがちな仕事ですが、実はこうした深い面白さがあることを知っ

ていただければと思います。


研修旅行に行ってきました

2019年06月05日

5月30日から6月1日まで研修旅行に行ってきました。
鬼怒川温泉から草津温泉とその周辺の旅行です。
旅行の様子と感想を紹介します。

第1日目
 8:39仙台発やまびこで宇都宮駅に移動し、バスに乗り換えてまずは中禅寺湖に向かいました。華厳の滝、日光東照宮を見学して、東武ワールドスクエアを回って1日目の宿、鬼怒川温泉で宿泊です。中学生の修学旅行みたいなコースですね。
 中学生と違うのは、華厳の滝が、安山岩溶岩の上から大谷川の水が落下しているのですが、「安山岩溶岩とその下の角礫凝灰岩の境目からも浸透してきた水が白糸の滝として流れ出ていることで地層の境界が良くわかる」などと感想を言っているところでしょうか。職業病です。

         華厳の滝の下で写真 地層がわかるでしょうか?

                日光東照宮唐門前で記念写真

         1時間世界一周、イタリアはピサの斜塔前で巨人が2人

第2日目
 朝から鬼怒川ライン下りに乗りました。船頭さんの解説が面白かったです。テレビのロケでやってきた女優さんが、テレビの画面と違ってすごく愛想が悪かったとか・・・(名前は出せません)。急流のところでは運の悪い人が水しぶきを浴びました。
 その後群馬県に移動し、名物水沢うどんを食べ、伊香保温泉の階段街を散策し、草津温泉に到着、湯もみショーを見学して、草津温泉で宴会です。湯もみショーはJ3ザスパ草津の若い選手たちが活躍でした。宴会も楽しく食べて飲んで過ごせました。

           鬼怒川の舟下り、船頭さんの名調子・・

 J3ザスパクサツ群馬の選手の皆さんによる湯もみショー、元気いっぱいでした。

              宿泊先での宴会、楽しそうですね。

第3日目
 まず八ッ場ダムの工事現場見学です。国土交通省の職員の方から、八ッ場ダムの建設の経緯と、工事現場をやや離れてところで見ながら説明を受けました。ダム本体は、コンクリート打設は完了し、付随する設備を建設している状態でした。八ッ場ダムの調査には私たちも何度か参加しているのですが、付替え道路もでき、かつての渓谷の面影は全くありません。自分たちもかかわった事業が完成していく嬉しさと、失われていく景観とで、ちょっと複雑な気持ちでした。
 昼食後、世界遺産に登録された旧富岡製糸場、こんにゃくパークを見学し、高崎駅からお土産を抱えて仙台に戻りました。

   八ッ場ダムで記念撮影、後ろにほぼ完成した八ッ場ダム本体が見えます。

               世界遺産 旧富岡製糸場跡

 3日間事故なく無事帰ってきました。皆さんいろいろな場所を見学し楽しく過ごし、仲間との親睦もはかれたのではないでしょうか。また日々の業務が再開します。気持ちを切り替えて頑張っていきたいと思います。


ブログを始めます

2019年05月24日
4月1日にホームページをリニューアルするのにあわせて、ブログも始めようと思っていましたが、もろもろの都合で2か月遅れとなりました。
 新入社員に当社のホームページを見たかと聞いてみると「見ましたけど、どんなことをやっているのかあまりよくわかりませんでした」という返事がありました。これではイカン!ということで、当社の内容をもっとわかりやすく紹介できるよう改装しました。
 これまでのホームページは、本当に基本的な会社情報だけでした。今後は、当社の業務内容だけでなく、どんな雰囲気の会社なのか、何を考えているのかといったことも含めて紹介していきたいと思っています。このブログはざっくばらんに当社の日日の様子や活動、考えていることなどをのせていきます。何ほどか当社のPRになればと思います。                                         くまがい