TEL 022-372-7656

河北新報に弊社の採用活動が紹介されました

2020年06月26日

 2020年6月2日(火曜日)の河北新報朝刊に弊社の採用活動の取り組みが掲載されました。
 河北新報では「前例なき就活に支援の輪」と題して「新型コロナウィルスの影響による急激なウェブ化など、前例のない展開となっている今年の採用・就職活動」に対して支援をしている会社や団体の取り組みを紹介しています。
 そのなかで仙台市産業振興事業団が、ウェブ面接などを受ける学生さんが利用できる専用スペースを無償提供していること、また仙台市内の企業をサポートしていることを紹介しています。
 弊社ホームページの「3分でわかるボーリングのお仕事」と題した動画は、仙台市産業振興事業団様のご支援を受けて作成したものです。このご支援がなければとても自分たちで作成することはできませんでした。大変感謝しております。
 5月23日付の【会社情報】にも書いてありますが、地質調査、ボーリング調査は、工事と違って普段なかなか目にする機会の少ない仕事です。コロナウィルスの影響への対策も含め、学生、生徒の皆さんに会社・仕事の情報を提供し、接点を多く持てることを願って作成しました。ぜひ多くの人に見ていただきたいと思います。

         河北新報2020年6月2日(火曜日)朝刊より抜粋


ボーリングマイスター「匠」東北に認定されて

2020年05月26日

 弊社社員畠山秀美が、昨年(一社)東北地質調査業協会の「ボーリングマイスター『匠』東北」に認定されたことをお知らせしましたが、(一社)東北地質調査業協会の機関誌「大地」3月号に畠山の「ボーリングマイスター『匠』東北に認定されて」という文章が掲載されました。
 (一社)東北地質調査業協会様のご厚意により、全文を転載させていただきます。畠山の努力と熱意を感じ取っていただければと思います。


宮城県農政部優良建設関連業務表彰を受けました

2019年11月08日

 さる10月9日、宮城県庁において「令和元年度宮城県農政部優良建設関連業務表彰及び優秀技術者表彰式」が行われ、地質調査部門で、弊社と管理技術者の後村和貴が表彰されました。
 表彰対象になった業務は、宮城県大河原地方振興事務所様発注の「柳田峠農道外地質調査業務」でした。
 弊社が宮城県の優良建設関連業務の表彰を受けるのは、一昨年以来となります。今後もさらなる技術の向上を図り、また表彰を受けられるよう社員一同頑張っていきたいと思います。また、管理技術者の後村が優秀技術者の表彰を受けましたが、これも社員および協力会社の皆様の現場における努力のたまものと考えております。改めて厚く御礼申し上げます。


令和元年度安全衛生大会を実施しました

2019年08月21日

 8月9日、宮城野区中央市民センターにおいて、令和元年度の弊社安全衛生大会を開催しました。
 社員、協力会社あわせて約40人が参加し、1年間の安全衛生活動の取り組みと結果を総括し、これからの安全に対する方針を確認するとともに、事故ゼロへの決意を新たにしました。
 大会では弊社の元請会社である、株式会社東北開発コンサルタント様の調査部長加藤裕一様、同じく株式会社ダイヤコンサルタント様の取締役ジオエンジニアリング事業本部長吉村実義様、統括技術管理部長辻野敏文様のご参加をいただきました。加藤部長から「情報セキュリティについて」、辻野部長から「自動車事故防止のための安全講話」と題して、講話していただきました。
 事務局からは、人身事故、休業4日以上の労災事故は発生していないが、もらい事故を含む交通事故が5件、モノレール使用時の現場事故が3件発生したことが報告され、その原因の説明と、今後事故を起こさないための対策と取組について報告しました。
 役職員一同、人身事故はもちろん、すべての事故ゼロを目指して引き続き真剣に取り組んでいきます。

                代表挨拶を行う熊谷代表取締役

                真剣に聞き入る参加者の皆さん

        (株)東北開発コンサルタント 加藤部長による講話

        (株)ダイヤコンサルタント 辻野部長による講話

             安全推進委員会事務局からの活動報告


株式会社ダイヤコンサルタント様から表彰を受けました

2019年08月19日

 7月19日、株式会社ダイヤコンサルタント様から、東京本社で開かれた協力会において記念品とともに表彰状をいただきました。
「地質調査の実施にあたり安全かつ優秀なボーリング技術を持ってボーリング調査を担ってきた」ことに対する表彰でした。
 株式会社ダイヤコンサルタント様からは、弊社創業時以来約50年にわたってボーリング業務を発注していただいております。お互いにメンバーも変わりながらのお付き合いですが、変わらずに安全と高い品質の成果を目指してきたことへの評価と受け取っています。
 こうした姿勢を次世代に引き継いでいけるよう頑張っていきたいと考えております。