TEL 022-372-7656

北上川についていろいろ(3)カスリーン・アイオン台風その後

2020年09月05日

 カスリーン・アイオンという二つの台風はその後の日本の治水のあり方を大きく変えました。

 前回、一関のことばかり書きましたが、カスリーン台風は関東地方で大被害が出ています。利根川は9月16日深夜に埼玉県東村(現在の加須市)でまず決壊。現在の久喜市から幸手市に向かって濁流が南下します。荒川も熊谷市で堤防が決壊し、元荒川沿いに流下していきます。この二つの流れは合流し、ついに9月19日未明東京都に達し、足立、葛飾、江戸川の各区が水没してしまいました。

        埼玉県東村(現在の加須市)で決壊した利根川

          東京都葛飾区の浸水被害

 この氾濫流は、もともとの利根川の河道にそって流れています。利根川は古くは今の江戸川を通って東京湾に流入していたものを、江戸時代に鬼怒川と合流させ、銚子で太平洋に流入するように改修したのですが(利根川の東遷)、氾濫流は古い川の流れに沿って流れたのです。自然状態の古い河道が低い位置を流れていたので当然のことでした。

     利根川・荒川の決壊箇所

 この台風被害を教訓として、国はダムによる計画的な洪水調整に乗り出します。関東では「利根川改訂改修計画」が作成され、利根川水系8大ダムの建設が始まります。昨年の研修旅行で見学した八ッ場ダムも、もともとこの計画で建設されたものです。昨年の台風19号の豪雨時に、できたばかりで大量の雨水を貯留し、被害の軽減に役立ったといわれています。

 話は北上川に戻りますが、北上川でもカスリーン・アイオン台風の被害を教訓に、利根川と同様「北上川改訂改修計画」を定め、5大ダム(石淵ダム、田瀬ダム、湯田ダム、四十四田ダム、御所ダム)の建設を始めます。そしてさらに昭和47年から一関遊水地の建設が進められています。

     北上川五大ダム

 遊水地は、普段は水田として利用し、洪水の時に一時的に水をためて下流に流れる水の量を減らす施設です。

「一関遊水地は、地形的特徴をふまえ、遊水機能を最大限生かすことで北上川の洪水ピーク流量を低減し、下流部の氾濫を防止するとともに、狭窄部の拡幅や築堤等の改修負担を軽減する、水系全体の治水バランスを図った洪水調整施設である」(国交省岩手河川国道事務所ホームページより)

        平成14年7月水害時の一関遊水地

 これらの治水事業の結果、北上川の洪水は、狐禅寺で戦後第3位の水位を記録した平成14年7月水害、平成19年9月水害でそれぞれ死者・行方不明者2名を出していますが、カスリーン・アイオン台風のような甚大な被害は出ていません。また、昭和56年の台風15号は、ほぼアイオン台風に匹敵する雨量を記録したといわれていますが(ただし、気象情報の測定精度および測定地点数が時代によって変わっていますので、正確な比較はできません)狐禅寺での水位は12.51mと約2.5m低くなっています。これは上流域のダム群や一関遊水地の効果と考えられています。

 一時「コンクリートから人へ」といったコピーや「ダムによらない治水対策」という方向性が打ち出されました。この治水対策の方向性はこれからも検討が続くと思いますし、多様な治水のあり方を模索するのは当然のことです。平成29年の九州北部豪雨から西日本豪雨、台風19号、今年の九州豪雨と毎年激甚災害に指定されるような水害が発生しており、治水構造物によるハード対策だけでなく、避難方法、避難指示のあり方、降雨、河川水位のリアルタイムな情報収集と提供などのソフト面での治水対策が今後一層重要になってくるでしょう。しかし、ダムや遊水地を用いた戦後の治水事業が水害を防ぐために大きな力を発揮した、また現在も発揮していることを過少評価してはならないでしょう。

(写真はいずれも国土交通省関東地方整備局、東北地方整備局のホームページから引用しました。)


北上川についていろいろ(2)北上川上流域とカスリーン・アイオン台風

2020年08月20日

 私が卒業した高校は、北上川の支流磐井川のそばにありました。まだカスリーン・アイオン台風の記憶も残っており「学校のそばの××にはまだ死体が埋まっていて、夜な夜なユーレイが出るんだぞ」と先輩に脅かされたものです。

 こんな話があるように、一関の人々にとってこの台風による水害の記憶は大きく、一関市内には最高水位標が掲示されています。

       一関駅前にあるカスリーン台風、アイオン台風の洪水水位標

 北上川上流域(岩手県側)の水害の歴史を見ると、元和元(1617)年から元治元(1864)年までの247年間で168回の洪水があった、つまり10年に7回の洪水があったとされています(宮城県史・災害年表など)。雫石川が合流する盛岡市、猿ヶ石川、豊沢川が合流する花巻市付近、和賀川が合流する北上市、胆沢川が合流する水沢市、磐井川が合流し狐禅寺狭窄部の上流にあたる一関市から平泉町、さらに狭窄部内にある薄衣、黄海、日形といった各地域が水害の頻発地点として知られています。

 大出水によって氾濫がおきやすい場所はある程度決まっています。

①本流と支流の合流点

②河川の大きな屈曲部と河川勾配の大きな変換点

③河川の狭窄部(きょうさくぶ=狭くなっているところ)とその上流

④流木が引っ掛かる橋などの構造物があるところ

 日本の大河川は、一般的に上流の盆地(あるいは盆地列)から狭窄部を通って河口のある平野部に抜けるという共通した傾向があります。例えば信濃川(千曲川)は、上田盆地―長野盆地―立ヶ花狭窄部―飯山盆地―戸狩狭窄部と二つの大きな狭窄部を通って新潟県平野部に出ます。当然のことですが、洪水により水量が多くなると狭窄部で流量が制限されるため、上流の水位が上昇し氾濫被害を大きくします。

 先ほどあげた北上川上流域の水害の頻発地点のなかでも、最も被害が深刻な地域は狐禅寺狭窄部の直上流にあたる一関市でしょう。このことをはっきり示し、その後の北上川流域の治水のあり方を変えたのが、第二次大戦直後に日本を襲ったカスリーン、アイオンの二つの台風でした。

 カスリーン台風は1947年(昭和22年)9月14日から15日にかけて日本付近を通過し(通過時の中心気圧970Hpと推定)関東、東北地方に甚大な浸水被害をもたらしました。関東では利根川、荒川が破堤し、東京都足立区、葛飾区、江戸川区が水没、全国での死者・行方不明者は1,930人になりました。一関市では、停滞していた秋雨前線が刺激され、9月15日の夕方に北上川右支流、磐井川の両岸堤防が破堤し、山目地区を中心に100名の死者が出ました。

     アイオン台風による一関市の被害:一関市ホームぺージより

 それからちょうど1年後の昭和23年9月15日~16日、伊豆半島から房総半島に上陸したアイオン台風は、太平洋岸に沿って北上し、特に東北地方の太平洋側に豪雨をもたらしました。全国での死者・行方不明者は838名に上りました。一関地方の総雨量は403mm、磐井川が増水して、復旧したばかりの堤防が再び破堤、北上川本流に合流した後市街地に逆流。一関での死者・行方不明者は473名でした。

 北上川狐禅寺での最高水位は、カスリーン台風時に17.58m、アイオン台風時に15.38m、この記録は現在でも破られていません。

千歳橋から見た狐禅寺狭窄部入り口:山が迫ってきて川幅が狭くなることがわかる


北上川についていろいろ(1)

2020年08月12日

「やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けと如くに」

 故郷岩手をしのぶ石川啄木の切ない気持ちが伝わる抒情的な歌です。

 宮沢賢治にとってもやはり北上川は故郷を象徴するものだったと思われます。北上川の河岸の露頭に「イギリス海岸」と名付けて、親しんでいました。

 北上川は、岩手県民にとっても宮城県民にとっても母なる川といっていい身近な河川です。様々な自然の恵みや農業用水などをもたらしてくれる一方で、いく度となく氾濫を繰り返し大きな災害を起こす川でもありました。

 河川に限らず、どう自然と人の暮らしに折り合いをつけて共存していくのかが私たち土木にかかわる技術者の課題です。私たちに最も身近な大河川である北上川が、そもそもどのような特徴を持った川なのか、治水を中心にして考えてみたいと思います。

 東北地方には、東から北上山地、阿武隈山地、中央に奥羽山脈、西に出羽山地という南北に連なる3列の山地があり、奥羽山脈の東側に盛岡-仙台-福島と連なる低地帯があり、西側に横手-新庄-山形-米沢の盆地列があります。これは日本海溝で沈み込む太平洋プレートが東北地方を東西に圧縮し、しわが寄った状態になっているからです。

        東北地方中部の地形と地下構造「日本の自然2 東北」岩波書店より

 北上山地、阿武隈山地は日本列島がアジア大陸から分裂したときにそのまま陸塊として存在し、海に没することがありませんでした。一方、奥羽山脈や、出羽山地は分裂によって生まれた日本海の堆積物や海底火山の噴出物が隆起して出来上がった山地と、その後その上に噴出した第4紀火山群によって出来上がっています。そのため、形成した年代が大きく違い、北上山地、阿武隈山地は古生代から中生代の硬い地層、奥羽山脈、出羽山地は新生代、特に中新世以降のやわらかい地層から概ねでき上っています。

 北上川はこの硬い北上山地と軟らかい奥羽山脈の間を南北に流れています。このことが北上川(特に岩手県にある上流部)の性格を特徴づけています。岩手県を流れる北上川は、北上山地側に押されて流れています。これは、奥羽山脈が軟らかい、つまり浸食されやすく、大量に土砂を供給するため、その土砂によって東側に押し出されているからです。胆沢川、和賀川、豊沢川などの奥羽山脈から流れる支流は扇状地群を形成し、特に胆沢扇状地は日本でも最大規模の扇状地となっています。

      北上盆地の地形分類「日本の自然2 東北」岩波書店より

 北上川は大きく二つに分けられます。岩手県側の上流部と宮城県側の下流部です。その境にあるのが、岩手県一関市の狐禅寺から宮城県登米市の錦織までの狭窄部です。この区間は、北上川は古生代の硬い堆積岩層を穿入して流れているため、広い河岸を作ることができず、狭く切り立った河岸となっています。

 金成の丘陵部のほうが軟質の岩盤なので、狐禅寺で東に曲がらずそのまま南下した方が流れとしては自然な気がしますがそうなっていません。これについては、古い時代からの先行谷があったとする説や、断層谷とする説、南西方向の地盤の隆起により流路が移動したという説など諸説がありますがはっきりしません。

 それはともあれ、この狭窄部が北上川上流部、特に一関地方の洪水の大きな要因となっています。一方でこの狭窄部を抜けた北上川は、仙北平野(石巻平野)を河口に向けてゆったりと流れていきます。東和町錦織付近の河床標高は10mになりません。北上川は全体としても傾斜の緩い河川ですが、特にこの部分の傾斜は少なく広い蛇行原を作っています。これが北上川下流域の災害の要因となっています。


高速道路のユリ

2020年07月28日

   九州から中部地方では今年も大雨となり、またもや大きな被害が出ています。今年の梅雨は本当に長雨で、東北地方はまだ明ける気配がありません。
 例年であればそろそろ梅雨明けし、夏休みでプールに行く子供たちのにぎやかな声が聞こえてくる頃です。梅雨も明けず、新型コロナウィルスのため夏休みも始まらず、まったく気の滅入る年になってしまいました。
 梅雨明け―夏休み―と続いて連想するのがヤマユリです。ちょうど今、山で花を開いている頃です。地味な花の多い山野草のなかでは、ヤマユリは格別に大きな花を咲かせ、強い芳香を漂わせます。
 生まれも育ちも東北地方なので、ヤマユリは見慣れた花ですが、関西出身の知人に「関西ではユリと言えばササユリで、ヤマユリは見られない」と教えられ驚いたことがあります。調べてみるとヤマユリは日本原産種で、地域ももともとは本州の東北から関東に限定していたようです。山奥ではなく、開けた日当たりのいい丘陵地を好むようですが、どうも昔ほど見られなくなっているような気がします。
 近年の積雪量の減少に合わせて、イノシシの生息域が広がっています。イノシシがユリ根を食べるので、食害の影響があるのではないかと思いますがよくわかりません。
 そんな中で目立つのが高速道路の切土法面です。東北自動車道では、宮城県の大和インターチェンジから一関インターチェンジの間は、見事な群生地となっています。仕事で高速道路を走っていてもついつい見とれてしまいます。
 高速道路内なので、ユリ根を掘る人もおらず、イノシシも入ってこないからなのでしょう。また、NEXCOの方も、注意してユリを残して草刈りをしてくれています。ありがたいことです。貴重な群生地を大事に残していってほしいものです。

    高速道路では写真が取れないので、近所で咲いていたヤマユリです。


働くことと「社会貢献」

2020年07月02日

 このところ新卒採用の面接を何度か行いました。その中で「あなたにとって働くとはどういうことですか?」と質問すると、「社会に貢献したいから」という答えが何人かの学生さんからありました。
 ずいぶん若い人たちの意識が変わったたんだなあ、と感じました。私の世代でこういう答えをする人はほとんどいなかったと思います。「働くことで自分と家族の生活を支える」とか「給料を稼いで自分の好きなことをしたい」という感覚だったと思います。私も、学校を卒業したら働くものだ、という以上のものはありませんでした。長く働くなかで、改めて働く意味や役割を考えてきた、といったところでしょうか。
 「就職の面接用に【社会貢献】という言葉がトレンドになっているんじゃないの」とひねくれた見方をする人もいますが、決してそうではないと感じます。特に宮城県では直接的か間接的かは別にして、東日本大震災で被災した人が多くいます。来年大学を卒業する学生さんは、感受性の強い小学校6年生で東日本大震災を経験しており、こうした感度の高い人が多くなっているのも肯けます。
 会社が社会的な責任を果たすCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)は、今や当然のことと考えられていますが、その基本となるのは社会と会社(企業)との関係です。どのような会社であれ、社会の需要と供給のつながりの中で社会的責任を果たしています。洋服のメーカーであれば、必要とされている洋服を供給する、お寿司屋さんであれば、おいしいお寿司を提供することで社会(消費者)とつながり、利益を上げつつ社会的責任を果たすということが基本となります。
 本来会社で(会社だけではありませんが)仕事をすることがすなわち社会に貢献することになるはずであり、会社は社員にそういう取り組みを望んでいます(要するに利益が出るようにしっかり働けということ)。しかし、会社で働くことと社会に役立ち評価されることが、直接的に結びつきにくいという現実があります。
 ネット上の質問箱のようなコーナーで、ある人が「社会貢献なんかしたくありません。本心で社会貢献をしたいと思っている方は、理由を付けて回答願います。」と書いていました。これに対して次の回答がありました。
 「社会貢献したい理由は生きている意味が分からないからです。(中略)自分が生きている意味が最も感じやすいのが社会貢献なので、社会貢献をしたいです。」
 この回答が、働くことで社会とのつながりを感じ、正当な評価を得ることが難しい現実を端的に表していると思います。
 とはいえ、すべての職業がこうした社会とのつながりが感じにくいかというとそうではなく、職種によって感じやすい職種と感じにくい職種があります。例えば、医師や看護師は患者さんを治療することで感謝を受け、世のため人のために役立っていると直接感じられます。また、消防士や警察官も社会の安全を守る仕事ですから、社会に役立つ仕事だと感じやすいですよね。働くからには報酬はもちろん大事ですが、この実感もまた働くことの大きな意味です。地質調査も、社会インフラの整備や防災のための仕事ですので、社会への貢献と業務が結びつきやすい仕事といえます。
 面接を受ける学生さんたちが「社会貢献をしたい」という背景に、東日本大震災の影響があることは間違いないのですが、また、社会とのつながりを実感し、評価を得たいという思いもあるのではないかと感じます。私はこの感覚は正当なものであるし、こうした職業を選択してほしいと思っています。そして、実際に働くなかでこの社会的な評価を現実のものとしてつかんでいってほしいと願っています。